犬

もしものときに備えて犬の保険|椎間板ヘルニアは多い病気です

愛嬌のあるルックス

赤ちゃんとダックスフンド

ミニチュアダックスフンドはこの数年人気の犬種です。可愛らしいルックスと愛嬌のある性格が人気の理由でしょう。性格も飼育しやすく、吠えやすい傾向がありますがきちんとしつけをすれば防ぐこともできます。

More…

犬を飼うための準備

様々な動物

犬を飼うことが決まったら準備するものが色々あります。ペット用品はペットショップで購入することができます。名古屋には多くのペットショップがあります。ペットを飼った後も長く付き合えるペットショップを選びましょう。

More…

ペット商品専門店

餌

ドッグフード は毎日使うため、あっという間になくなります。しかしペットフードは重たく買い出しに行くのも大変です。そんな時は通販を利用して購入することができます。賢く利用すると送料もかかりません。

More…

早期発見早期治療

医者と犬

犬も椎間板ヘルニアになります。最近犬の関節の病気は増えてきています。先天的なものも多く、椎間板ヘルニアになりやすい犬種がいます。ミニチュアダックスフンドの他にも、ビーグルやシーズーなどの軟骨異栄養性犬種がよくなります。また加齢や肥満のせいでかかることもあり、飼い主は注意する必要があります。椎間板ヘルニアになると運動を嫌がったり、脚を引きずったりします。震えが止まらない犬もいますし、酷くなると歩けなくなったり、麻痺が出てきます。椎間板ヘルニアは早めに気づくことが大切です。早いうちに発見することができれば薬で治療を行うことができます。その場合は薬を服用させ、ゲージなどに入れて安静にすることで治療することができます。うちでもゲージ治療はできますが、場合によって病院で絶対安静で行います。発見が遅れて症状がひどくなってからだと手術を行う場合もあります。手術は椎間板を取り出す手術になります。手術後はリハビリを行ないながら徐々に通常の生活に戻れるように行っていきます。このように手術を行うことで治すことはできますが、病院にかかった場合、治療費は全額自腹で高額になります。そんな時のために最近ではペットの医療保険があります。大切なペットなのでもし病気になっても、行なう治療を金銭の面で妥協したくないものです。犬は意外に多く病院にかかるものです。老後になればなるほどペットの医療費がかかって来るのは、犬でも人間でも同じです。もしものときに備えてペット保険に加入しておくと安心でしょう。ペットの医療保険はインターネットから無料で資料を請求できます。ぜひ利用してみましょう。